日本の

シングルママ・パパを

囲む問題

日本の子どもの

6人に1人が貧困状態

貧困とは社会の標準的な所得の半分以下で生活せざるおえない状況にあることで、

日本はOECD加盟34カ国の中で9番目に貧困率が高いです。シングルママの貧困率は、

OECD加盟34カ国の中で最も高い!

「全国母子世帯等調査」(厚生労働省)によると
母子家庭の平均年収は全世帯の平均所得の37.8%しかありません。
暮らし向きは、
「大変苦しい」(52.8%)と「やや苦しい」(27%)を合わせて、
8割近い母子家庭世帯は「生活が苦しい」と答えています。
さらに、母子世帯の預貯金額は、
「50万円未満」が48%、「100万~200万円未満」が8%、
「50万~100万円未満」が7%となっています
(残り21%は「不詳」)。

母子世帯の預貯金学 50万円未満が48%

シングルママ・パパの

様々な問題

シングルママ・パパは様々な問題を抱えています。
その問題が負の循環を引き起こしており、
私達はその負の循環にレバレッジポイントを与えることで、世帯収入の安定を生み、
子供を貧困から救済しようとしています。

負の循環をリトルワンズが母親の経済&就業教育支援をすることがレバレッジポイントとなり正の循環に変えていきます 負の循環をリトルワンズが母親の経済&就業教育支援をすることがレバレッジポイントとなり正の循環に変えていきます

銀行からのお振込み、

クレジットカードでの寄付が可能です。

募金についてはこちら